FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS


データ通信によって 受発注情報の交換を行うシステムのこと。複数の取引先と行うにはプロトコルの標準化が前提条件となる。このシステムを導入することで、小売店舗にて在庫不足が起きないように、データ通信を使って取引先へ適切なタイミングで商品の発注を行える。発注の際にはハンディターミナルなどの携帯情報端末から情報を入力して、モデム付き電話を通して、メーカーや卸売業者など、取引先のコンピュータへ発注データを送る。
取引先はそれに基づいて納品伝表を作り、小売店への配送を行う。1970年代から実用化されて、従来の電話やFAXによる交換に比べ、聞き間違いなどによる注文ミスの減少や、一度で多くの 受注処理が可能となるなどのメリットを生み出し、発注作業は省力化され迅速かつ正確になった。また、販売時点での情報を管理するPOSシステムと連動させることで、売上情報と仕入れ、および在庫の情報を連動して分析することが可能となり、小売店舗における的確な仕入れ、品揃えが期待できる。加えて、原材料や製品の無在庫型物流方式であるジャストインタイム物流を実現するのにも欠かせないシステムである
受発注データは流通企業からメーカーに対して、商品注文の情報をデータで日々提供するものです
Business-to-business (B2B) describes commerce transactions between businesses, such as between a manufacturer and a wholesaler, or between a wholesaler and a retailer.



iPad
cloud
EDI
クラウド